ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)とは?

 

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)とは
インターネットを中心に成果報酬型広告(アフィリエイト)を配信する
サービスプロバイダで略してASPと呼ばれる。

 

広告主はASPを仲介にして、
個人・法人が運営するブログ・メルマガでの広告掲載を依頼し、
広告のクリックや商品の購入などあらかじめ設定された成果条件に至った際に
成果報酬としてアフィリエイトサイトに広告料を支払う。

 

引用元:アフィリエイト・サービス・プロバイダ Wikipedia

 

えっと、噛み砕いて説明しますと・・・

 

企業が自社の商品を一人一人のアフィリエイターに
「ウチの商品を掲載してください」って依頼するのは
めちゃくちゃ大変ですよね?

 

そこで企業はASPに自社の商品を登録します。

 

すると、アフィリエイターはASPからアフィリエイトリンクを取得し
ブログやメルマガに掲載することができます。

 

自分のブログやメルマガに掲載した
アフィリエイトリンク経由で商品が売れると
ASP経由でアフィリエイト報酬が支払われる。

 

つまりASPとは企業とアフィリエイターを繋ぐ架け橋ということです。

 

企業からしてみればASPを介してアフィリエイターを大勢集められますし、
アフィリエイターからしてみれば直接企業と交渉しなくてもASPを介して
商品をアフィリエイトすることができるので双方にメリットがある。

 

代表的なASPとして、
Amazonアソシエイト楽天アフィリエイトA8.net
私がよく使うASPとしてインフォトップなどがある。

 

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. [...] アフィリエイトをやる以上 ASPやお客さんとのメールのやりとりは避けられません。 [...]

コメント


フリーメールのおすすめ | YO-TAのアフィリエイト初心者講座 にコメントする

このページの先頭へ

イメージ画像